日本のバイク業界とメーカーについて

バイク

日本のバイク業界は主要な4つのメーカーが支えています。世界市場においても日本の4大メーカーが大きなシェアを占めており、およそ世界シェアの半分は日本企業です。最高峰クラスのレースでも日本製のオートバイが広く使用されています。日本のバイク業界は安価で高性能なオートバイを生産する能力を有しています。近年では中国やインドなどでも安価なオートバイが生産されるようになりました。

テレビなど家電製品などの分野ではかつて日本製が安価で高性能なため世界中で大きなシェアを占めていましたが、現在では中国や韓国などの新興国が大きな存在感を示しています。同様にオートバイの分野でも新興国の製品が安価なだけでなく高性能となり、世界におけるシェアを拡大するものと予想されます。ヨーロッパやアメリカの企業では高性能で高価な嗜好品とも呼べるオートバイを生産していますが、日本製のオートバイは高価なものでも新車で200万円ほどです。

最高速度が時速300kmを超える高性能マシンでも中古の場合100万円ほどで購入できます。安価で高性能なところに日本製オートバイの特徴がありますが、国内市場は縮小傾向です。今後国内企業は海外に生産拠点を移転するなどにより更なるコスト削減を図り、新興国企業と対抗しながら世界市場におけるシェア拡大を目指すことが重要となります。

メーカー

海外のバイクはハーレーが人気

アメリカの大型バイクハーレーは日本でも販売数が多く、バイカーから高い支持を得ています。人気を集めている理由は、魅力的なデザインと低い重低音が鳴り響くことでしょう。車両の販売価格はモデルにもよりますが、平均でも100万円を超える高級バイクです。

マフラーは5万円以上、シートでも2万5千円以上と安いわけではありませんが、ハーレーの場合、日本のバイクよりもカスタムするオーナーが多いのが特徴です。

近年では、急激に女性オーナーが増え、日本のバイクのように、極端な販売数低下はありません。都会でも乗り回せるストリートモデルと、小型のスポーツスターモデルが女性にはお勧めです。ハーレーはアメリカ製なので、自分でカスタムしたいハーレーオーナーは、インチサイズの工具が必要になります。

今後、ハーレーの購入を検討している方やハーレーを購入したばかりで経験の浅い方は、こちらのページを読むと良いでしょう。https://www.lapiantata.com/
ハーレーは取り扱いバイクですが、丁寧に書いて教えてくれいるページです。

バイクの業界にも影響する輸入の関税引き下げ

輸入

日本はEUとEPAという経済協定を結ぶことにしましたから、これによってバイクの業界も大きな影響を受けることが考えられます。特に日本はバイクを輸出していることもありますから、これによって大きな影響が出ることが考えられます。バイクは車の輸出や輸入は日本でも欧州でも大きな産業の一つとなっていますから、これに関する関税を引き下げていくことは双方にとって利益が出てくることが考えられます。

何しろ税金が安くなるわけですから、利用者が多くなるということが考えられるからです。海外の魅力的なものが安く手に入ることは、購買活動が活発になることにつながります。うまくいければ、業界全体が活性化することも期待できるでしょう。日本としてはここで技術力の高さをアピールしていことが出来るチャンスとなるとも考えられます。

もちろん、これからどんどんと新しい技術が開発されるでしょうから、そうしたものがよりアピールできるようにもなります。日本も欧州も市場としてはかなり大きな市場をもっているので、両者が経済的な関係を強めることで、より経済活動が活発になり多くの人がその恩恵を受けることが出来るようになるとも考えられます。これからに期待が高まるところです。

バイク